鍼灸マッサージ中川治療院

 お電話でのお問い合わせはこちら 

お知らせ
45歳出産報告 症例報告02
2015-11-02
初診   H25・10 43歳10ヶ月
治療歴 AIH4回 IVF2回
初診時 全体に虚脈、特に肝・腎に強い虚が診られた。
     採卵し授精するも分割が途中で止まる状態が続いている。
     ご主人の精子の運動率も悪くご夫婦での来院。
施術歴

 初診から26年1月まで週一回ご夫婦で通院され、途中12月に外来を転医する。
26年1月に運動率に改善が有ったとの報告をご主人より受ける。
同年11月に凍結胚盤胞あるも、内膜が育たずに移植の見送りが続いているとのことで
再来院される。
12・4  内膜7.8? 同月8日に移植決定す。
12・11 移植4日目 移植時内膜10?
12・15 Hcg20
12・18 移植11日目 腎虚有り
12・22 Hcg90 少なめ 脈その他良好
12・25 外来受診前に来院 当日Hcg690で依然少なめ
12・29 Hcgの伸びが悪く心配のご様子 脈その他良好 問題なし
1・4   心拍確認す。 6w4d

 その後は11週の壁を越えるまで週一回で施術をし、12週からは安胎安産の為に
2週に一度の施術を、38w5dまで継続しました。
8月28日、40w2dになるも陣痛来ず催産の施術に来院、
9月1日に破水し促進剤併用にて翌2日、45歳6ヶ月にて無事男児をご出産されました。
 正直なところ、あまりお役に立てたとは言えないような症例ではありますが、
高齢不妊と云われる方々の希望につながればと思い、ご本人の快諾を得ての症例報告となりました。

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
  不妊治療とは
  不妊の原因
  不妊症のタイプ
  初めての方へ
  治療の方法
  ご夫婦での協力
  不妊治療の料金
  よくあるご質問
  中川治療院の紹介
  診療案内・アクセス

鍼灸マッサージ中川治療院
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。