鍼灸マッサージ中川治療院

 お電話でのお問い合わせはこちら 

main_title
東洋的な見方と治療法
西洋的な見方と治療法
東洋的な見方と治療法
原因
冷え性は、むくみ・肩こり・低血圧・頭痛・生理痛・肌荒れ・便秘などさまざまな症状を招きますが、不妊症にもこの冷え性が関係していると考えられています。
冷えは血行不良を招き、不妊の原因になるといわれてきました。血行不良により子宮や卵巣へ新鮮な血液が十分に行き届かず、栄養や酸素・ホルモンの不足から排卵・着床機能が弱まり、その結果不妊症になってしまうというものです。
このことから、不妊とともに冷えが気になる方にとっては、冷え性を改善することが赤ちゃんを授かるための第一歩になるかもしれません。

治療法
冷え性を改善するためには、何より体内の血行を促進させることが重要です。
そこで、血行促進に効果的なケアの方法をいくつかご紹介します。どれもおうちで出来る手軽な方法ばかりなので、冷え性にお悩みの方はぜひお試しください。

不妊治療というよりも、"妊娠のための体創り"です。
体創りは、お母さんのためだけではなく、赤ちゃんのためでもあるのです。

身体を温める
昔から「冷えは万病のもと」と言われていますが、不妊で悩む方の多くも身体に「冷え」があります。
冷えが長引けば長引くほど、ホルモンバランスが崩れ、子宮や卵巣などの生殖機能の低下が起こってきます。

お灸
冷えに効果のある治療としてまずお灸があります。
患部を直接温め、冷えを取ったり痛みを和らげたりします。

鍼治療
鍼による治療は、病気を引き起こしている原因を直接取り除くのではなく、病気のために歪んでしまった身体のバランスを整えて、身体が本来持っている自然治癒力を高めることで、回復させていく方法です。
 
上へ
西洋的な見方と治療法
原因
不妊症と言っても男性か女性のどちらか、またはその両方の場合など様々あります。
できるだけ早く原因が何であるかを確かめ、適切な治療を受ける必要があります。

治療法
タイミング法とは、その名のとおり「女性の排卵の時期と性行為のタイミングを合わせること」で妊娠させる最も基本的な治療方法です。

排卵している可能性が高い時期を予測する方法
基礎体温
基礎体温をある一定期間付けている人であれば、自分の排卵が起こる日をある程度予測することができるようになります。
通常であれば、排卵は生理が始まった日から約2週間後、基礎体温が最も低くなる日の付近で起こるとされています。

 
超音波断層法
排卵は、卵胞が20mm前後に成長したときに起こります。
そのため、排卵の時期を予測することが出来ます。
 
子宮頸管粘液(おりもの)の量と質
排卵日が近づくと、頸管粘液(おりもの)が増えるため、排卵を予想することが出来ます。
清潔な指を膣に挿入することにより、自分で調べることが出来ます。
排卵日が近づくと、おりものの粘性が高まり、ねばねばした状態になるため、糸を引くように伸びやすく透明で色が薄くなります。


ご不明な点が御座いましたら、お気軽にご連絡ください。
0120-008-815
 
上へ

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
  不妊治療とは
  不妊の原因
  不妊症のタイプ
  初めての方へ
  治療の方法
  ご夫婦での協力
  不妊治療の料金
  よくあるご質問
  中川治療院の紹介
  診療案内・アクセス

鍼灸マッサージ中川治療院
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。